読者を引き込むウェブライティングの基礎テクニック7選

スポンサーリンク




ウェブライティングを行う際に読者を引き込むことを意識していますか?

「記事の内容は濃いのに読まれない」
「知りたい内容がかかれているコンテンツなのに読まれない」

もしこんな悩みがあるのであれば、読者を引き込むテクニックを使えていないかもしれません。

ウェブライティングは自分の好きな事を書くのではなく、相手にわかりやすく伝えることが大切です。相手に伝わらなければ内容が濃くても、いいウェブライティングとは言えません。

読者を引き込むウェブライティングの基礎テクニックを身に付けて、ウェブライティングのスキルを上げていきましょう。

ライティングとは難しいことをわかりやすく伝えること

ライティングで最も大事なことは、難しい内容を相手にわかりやすく伝えることです。

求めている情報が書かれている記事であったとしても、相手に伝わらなければ意味がありません。わかりやすく伝わるライティングを心掛けていれば、相手がその記事に興味を持っていなくても、その記事にどんどん引き込まれていきます。

「早く続きが読みたい、この記事の内容を知りたい!」読者にそう思わせることがライティングで重要なポイントとなってきます。読み手を引き込むためには難しい内容であっても、わかりやすく伝えていくことが大切です。わかりやすくおもしろい記事であれば、どんな読者であっても続きが気になる記事と言えるでしょう。

例えば、人と話す時にもわかりやすく伝えることは大事です。相手の話がわかりにくいと「この人の言っている事は難しくてよくわからない」と相手に思われてしまいます。そうなった場合、相手に警戒されてしまったり、不快感を与えてしまったりと興味を持ってもらうことができません。

ウェブライティングも同じで、読者を警戒させたり、不快感を与えたりしてしまうと、その記事はどれだけ素晴らしい内容でも読まれることはありません。難しい言葉でも読者にわかりやすく伝えられることで、記事のクオリティは上がっていきます。

書く前にペルソナを設定する

ブログの記事を書く時には、ペルソナを設定することが大切です。ここでは、ペルソナの重要性から設定方法をご紹介します。

ペルソナとは?

ペルソナとは「ある特定の一人の個人」という意味です。ウェブライティングでは、一人の個人に対して文章を書いていくことを意識することがポイントです。

ペルソナはターゲットとは違い、明確にどんな読者に伝えるか、という事を考えなければなりません。例えば、ターゲットの場合は「映画が大好きな30~40代の男性」「化粧の方法を知りたい20代の女性」と言う風に、ある程度の幅広い読者を選ぶことになります。

ペルソナの場合は「映画が大好きで週末に必ず映画館に行く35歳の会社員。好きな映画はアクション映画で、どんな映画でも見ることが大好き。ポップコーンを食べながら映画を見る時が幸せを感じる」と言うように、かなり具体的な人物像を設定しなければいけません。

幅広い年齢層に対して書くのではなく、ある人物に対して手紙のように文章を書いていくことがペルソナを設定したライティング方法となります。ペルソナを設定することで、具体的な読者を想定して書けるようになるので、特定の読者だけではなく近いニーズの読者にも読んでもらえる文章になるというわけです。

ペルソナを知るためには徹底的にリサーチをしよう

ペルソナを設定するのに必要なのが、リサーチです。ペルソナを理解するためには徹底的にリサーチを行い、ペルソナの分析をしていくことが大切になってきます。リサーチ方法は人それぞれですが、Yahoo知恵袋を活用したり、知り合いにインタビューをしてみたり、第三者の意見を大切にしましょう。

結論から書く

ウェブライティングは、結論を最初に書きましょう。ウェブコンテンツの読者は、タイトルと導入部分でコンテンツを読むかどうか判断します。最初に結論がなければ、何が言いたいコンテンツなのかわからず、離脱する可能性が高まるでしょう。

難しい話には例え話を使おう

難しい話の場合、読者は理解することに忙しくなり内容が頭に入ってきません。理解しやすくするためには、「例えば~である」という例え話が効果的です。読者が状況を想像しやすくなり、ライティング内容をスムーズに理解できるようになります。

もしも、「仮想通貨」を知らない読者にいきなり「マイティング」「ブロックチェーン」といった専門用語を使っても理解できないでしょう。「例えば、仮想通貨とは株のようなもの」「例えば、マイティングとは鉱石を掘り進めるようなもの」「例えば、ブロックチェーンとはみんなで仮想通貨を監視するセキュリティ」とわかりやすく置き換えてあげることでわかりやすくなります。

例え話を有効に使うことで、どんな難しい内容であっても読者にわかりやすく伝えられるライティングになります。

声に出して読み直す

記事ができたあとは「そのまま納品」あるいは「ブログに投稿」するかもしれませんが、声に出して読み直すことが大切です。自分で作成した記事を読み返すだけでは、文章のおかしな部分に気付かないことが多いからです。

自分で書いた記事であった場合、読み直しても誤字脱字に気を付けることに必死になり、文章の流れが不自然な事に気付かない場合があります。声に出して読み直すことで、違和感のある文章にすぐ気づくでしょう。

また、声に出して読み直すことも大切ですが、少し時間を空けてから読み直すことも大事です。ライティングを行った後は、その内容が頭に入っているため客観的にライティングを見直すことができません。

客観的に文章を読み直すためにも、少し時間を空けて声に出して読むことを心掛けましょう。

句読点は1文に最高3つ

ウェブライティングでは句読点を3つまでに抑えることが大切です。ワードや文節を区切るために読点を使いますが、全てに使うわけではなく一つの文章に対して、1か所か2か所が一般的です。

優先的に付けるべき場所を意識して句読点を使っていくことで、読者が読みやすい文章となります。長文になってしまった時には、句読点を使うのではなく文章を区切ることを考えましょう。ただ、多用してしまうと読者にとって読みづらい文章となるため、注意してください。

タイトルこそウェブライティングの命

タイトルは読者の目に最初に入る部分です。どれだけ内容が濃いものであったとしても、タイトルが魅力的でないと読者に見られることはありません。

「内容は誰にも負けない自信がある!」

しかし、内容が誰にも負けない優れたものでも内容を知ってもらうためには、記事を見てもらわなければ伝わりません。読者にとって興味を引けるタイトル作りをしなければ、ウェブライティングに優れていても、意味のないものと言えるでしょう。

タイトルは32文字まで

長すぎるタイトルの記事より、シンプルでわかりやすいタイトルの方が目を引きます。

読者にとってメリットがあるタイトル

読者がこの記事を読むことで、メリットがあるように思えるタイトル作りが重要です。

カタカナや数字を使う

漢字より「ポイント」「ベスト」や「3選」「10選」と言ったタイトルは読者の興味を引きます。

正しく魅力的なタイトルにする

記事の内容を正確に伝えられるタイトルは、ストレートに読者の興味を引きます。また、響きの良いキーワードや印象的なキーワードを使うことで魅力あるタイトルにしていくことが大切です。

タイトルに力を入れていないと、誰からも読まれない記事となってしまいますので、タイトルには最も力を入れてウェブライティングを行っていきましょう。

まとめ

今回はウェブライティングの基礎テクニック7選についてまとめさせていただきました。

ウェブライティングでは、読者の興味を引き、伝わりやすい文章にすることが大事です。そのためには一つずつのキーワードを考え、難しい言葉でも読者にわかりやすく伝える事がポイントになってきます。

また、どれだけ内容の濃いコンテンツを作成しても、読者に見てもらわないと意味がありません。読者に見てもらえるウェブライティングでは、タイトルが最も重要になってきます。

お店で売られている本でも同じです。まずは手に取ってもらう事、そして内容を知ってもらう事がウェブライティングの基本です。ここで紹介したテクニックを参考にして、読者を引き込む文章を作ってみてください。

スポンサーリンク




記事をシェアお願いします