コンテンツマーケティング

i-Styleではコンテンツマーケティングの中でも、おもにWebマーケティングをおこなっております。
Webに関連した広告の種類は様々ですが、その広告費のトータルは2016年には1兆円規模になっています。

テレビCMなどに比べると、とっかかり安いですし、やろうと思ったらすぐに始めることが可能です。
もちろん、それだけ費用をかけるということは成果も見込めるという事です。

i-Styleのマーケティング

Webマーケティングには大きく分けて3つのものが必要になります。

  • Webサイトの基盤がしっかりしていること(SEO対策がしっかりできる人間が作成・運用しているのかどうか)
  • 広告用のランディングページがあること(広告を利用して一気に上位表示させたり、バナー表示をさせたりできますが、ランディングページがなければ、コンバージョンにつながりにくい)
  • マーケティングの目的を理解していること(そのマーケティングをする最終目的をしっかり明確に持っていないと、ただなんとなくマーケティングすることになり、コストや時間の浪費になります。)

売る側が自分たちのサービスや商品の強みを理解していて、ターゲットも明確になっていということも必要になります。
これが明確になっていないのにユーザーにアピールできるわけがありません。

複数の組み合わせで成果を出す

広告を出したからと言って、すぐにお問い合わせがきたり商品が売れるわけではありません。

例えば商品を売るためにWeb広告を出します。

その広告から商品のランディングページにとんできます。

売れた場合は購入時にメッセージを添えたり、数週間後にフォローメールを送ったりします。

このように、広告を出す「集客」、ランディングページにくる「接客」、購入後のフォローを行う「リピート」といった流れがあります。
このフローの全てにおいてしっかりと準備をしてWebマーケティングを活用しないと、どこかでユーザーは離脱してしまいます。

マーケティング手法

長い目でみてSEOを行ってアクセスを上げる、短期的な成果を求めて広告を出稿する、Web接客ツールやSNSと連携するといった運用を目的やターゲットによってご提案させていただいております。
Webマーケティングに興味のある方は一度ご相談ください。